九州豪雨被災地に支援物資をお送りしました。

2020年07月17日

 
長い梅雨の終わりを少しづつ感じながら、本格的な夏の予感を感じる今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回の豪雨災害から早くも2週間が経ちました。しかし新型コロナウイルス感染拡大の恐れの為、県外ボランティアの参加は自粛になっており、現地の方のお声を聞くと、作業の人員が少ないため復興作業の進行は困難を極めているのが現状です。

当団体も現地における支援活動が未だに出来ない状況にあり、被災地の情報の共有や、今後、コロナ禍において災害ボランティア活動を安全に行うためのweb学習会、支援物資の発送を行っております。

そして先日、皆さまから頂いた募金を活用させて頂き、被災地自治体に希望の物資を発送しました。ご支援いただいた皆さまには、この場を借りて改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。なお今後も引き続き、現地のニーズにあった支援を行いたいと思います。




最後に被災された皆さまが一日も早く元気になられますように、また、一日も早く復興されますようお祈り申し上げます。