大阪北部で発生した地震の対応について(6月23日)

2018年06月25日

 
6/23(金)吹田市災害ボランティアセンターにて、朝から支援活動に参加していた大阪大学の稲場先生・学生さんらと合流。
昼頃から雨が激しくなりましたが、活動は予定通り実行しました。
この日はマンション7階で一人でお住いの70代の方からご依頼。地震で倒れてきたタンスを元の位置に戻すという内容でした。
家主さんに、災害ボランティアセンターの情報をどこで知られたか尋ねたところ、新聞・ネットとマンション内の掲示板とのこと。
複数の方法での情報発信が大切ということを改めて実感しました。
作業終了後はボランティアセンターに戻り活動報告。
そしてセンターのスタッフ及びボランティア全員でボランティアセンターの移動(5階から1階へ)を行いました。
24日以降も活動継続の予定です。
(活動の詳細はブログに掲載いたしております。ぜひご覧ください。)